2006年06月29日

ほくと亭@名古屋驛麺通り (1回目)

2006-0502-001.JPG

『純製みそラーメン+バターコーン』 682+157円也



さてさて、前記事からの流れですが、一宮の驛麺通りへ行くと思ったあなた、焦りすぎですよ。

5月2日、出勤日でしかも取引関係のある飲食店で軽い夕食兼宴会。
ヘビーな気分と若干の空腹感を払拭すべく、と言っても名駅前なので夜9時半という時間も考えて驛麺くらいしかないですが。
店の混雑具合を見ると「ほくと亭」か「さいごく路」しかなさそうなので未食メニューのある方を選びました。
厨房の見える席へ通されたのですが、どうやら味噌、塩、醤油ともそれぞれの中華鍋で人数分一度にスープをつくるようです。
そしてこの時点で私の好むスープでないことがはっきりしてしまいました。

お味の方は・・・
鍋に多めの脂を加えて野菜を調理しスープを調合すると、味噌よりも脂が前面に出てくるのでコクはないけどこってり感は十分。
それを解消する意味でバターコーン追加は正解だったようです。
結構多めに入ってくるコーンはこれといって味付けされていませんが、このスープの中では味のない方が新鮮味があったりして。。。
キャベツやメンマはまあまあとして、チャーシューはスープとの相性を考えた方がいいかも。
麺は、、、すいません宴会後だったからか全く印象にありません。
いずれにしても味噌の風味を期待しすぎて失敗した、というのが本音です。
札幌ラーメンの味噌って、本当にこんなものなのでしょうか?

名古屋驛麺通りの営業時間ですが、今年の2月から夜は22時まで(ラストオーダー21時30分)なのでお間違いなく。
それと5月から夏メニュースタートしてます。
次回はいよいよ一宮へ??

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。