2009年08月26日

華丸@一宮市萩原町(19回目)

2009-0810-001.JPG
『冷やしNIBOつけ+いなり』 850+100円也



2009年8月10日夜20時30分頃訪店、先客13人、後客数人。
前回記事
「毎日1杯ずつ食べる」と書いてここまでやってきたけど、9日はどうしても都合が悪くて。。。
で1日空いた月曜日に最後の1軒を、と思いやってきた。
訪店時間を見てもおわかりのように、普通に味玉つけ麺大盛りでイベントを〆るつもりだった、のだが。
券売機を見ると中華そば類がオール売切れ表示。
盆休みだしそういうこともあるわいなー、とさらに目線を下に落とすと右下の限定メニューのところの売切れランプが点いていない?
いやいや、そんなバカな筈ないやろ、ともう一回見るがやはり同じ。
疑心暗鬼になりながらもボタンをそっと押してみると食券が出てきた。
どうもこの一週間私は相当ツイていたようだ。
ちなみに「冷やしNIBOつけ」は8月末まで1日10杯限定ということにはなっているが、このとき店内でもう一人このメニューを食べている人がいたので(奥さんの、NIBOスープ割り、の声でわかった)、実際には多めに提供していたのかもしれない。

程々に冷えたつけ汁には煮干しの香りがいっぱい詰まっている。
それでいてエグミ・苦味を感じさせることはなく、実に繊細な味わい。
小ぶりの煮干しを使ったそうだが、途中ちりめんじゃこにも似た風味を感じたのはそのせいか。
今回は以前食べた『NIBO』のスープに比べると動物系の厚みもはっきりしてバランスがいい。
麺は『あさり潮つけ麺』と同じものだろうか。
少々硬めの食感だが、つけ汁の塩気が強めなこともあって麺を啜るときにはちょうどいい加減になっている。
時折つけ汁に浮かぶ玉ネギが絡んできてシャリシャリと小気味いい。
途中でスダチの汁を麺にかけて食べると酸味が程よく加わってこれもいい。
スープ割りをお願いするとつけ汁を温めて、さらに梅肉と大葉の入ったワンタンを2つ入れてもらえる。
別皿の三つ葉を散らして飲むと後味すっきり。
最後の最後まで楽しめて、これはもう言うことはない。

2009-0810-002.JPG


満足度  ★★★★★

店舗情報(2009年8月10日現在)
住所:愛知県一宮市萩原町串作1407−2
営業時間:11:30〜14:00、17:30〜21:00
定休日:水曜日、第1・3火曜日(祝日の場合は営業し翌日休)
駐車場:あり(店の向かい側に3台分、南西50m程の駐車場に5台分、北西50m程の駐車場に2台分)
posted by 転職マニア at 23:58| Comment(0) | ラーメン食べたよ(愛知県一宮市) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。